2016年12月31日

遺伝の不思議

gf_228_reina.jpg

評 価:【松】
書 名:『コトリんどる。』
著 者:トリンドル玲奈
発 行:講談社
発掘地:東京都武蔵野市
発掘日:2016年12月

昔も今も日本人はハーフが好きです。
いつの時代にも必ずハーフの人気者がいるものです。

私が幼かった頃、キャロライン洋子さんという子役がいて、たいそう人気があったものです。
なので未だにハーフといえばキャロライン洋子さんという刷り込みがあります。
三つ子の魂百までというやつでしょうか。

ハーフの人を見てしみじみ思うのは遺伝の不思議です。
よく父親似、母親似などと言いますが、どちらに似ようがハーフには違いないのですが、芸能人になれるようないわゆるハーフというのは、その両方がうまい具合に混じり合った結果なのですね。

トリンドル玲奈さんのことはよく知らないのですが、日本人がイメージする「これぞハーフ」という風貌の可愛らしいお嬢さんです。
まさに絵に描いたようなハーフ。

いくら国際化が進んでもハーフが珍重される日本って一体。
どんだけ欧米コンプレックスなんだよ、と情けなくなってきます。

この本のタイトルですが、どういう意味かわかりますか?
買って初めてわかったのですが、撮影したのが川島小鳥さんという方なのですね。
コトリ+トリンドルで、コトリんどる。
つーことみたいです。
posted by 七庫屋店主 at 02:19| Comment(0) | サイン本

2016年12月29日

女性はカモにされてるんだと思う

ow_032_tamabukuro.jpg

評 価:【梅】
書 名:『タイガーダイエット』
著 者:玉袋筋太郎
発 行:ベースボール・マガジン社
発掘地:東京都目黒区
発掘日:2016年8月

水道橋博士と来たら次はやっぱりこの人に出てもらわないわけにはいきません。
最近はお互いソロ(ピン?)での活動が多いようで、コンビで見る機会はめっきり少なくなりました。

私はどちらかと言うと玉袋さんのほうをよく見るような気がします。
これは『タモリクラブ』への出演が多いからだと思います。

長年ブックオフを観察してよくわかりました。
女性をターゲットにした本、雑誌がいかに多いことか。
“女性の生き方”というジャンルはあっても“男性の生き方”はありませんし、料理、手芸、恋愛、美容などのジャンルもほぼ女性向けと言っていいでしょう。

今回ご紹介するこの本はダイエットの本なのですが、おそらくターゲットは女性です。
何ていうか“つくり”がもう女性向けなんですよ。
男性が買うとは思えないんですよね。

ブックオフ通いをするまでは書店のダイエットコーナーなんて見向きもしなかったけど、すごいことになってたんですね。
もうバカみたいにナントカダイエットのオンパレードですよ。

次から次へと新しいダイエットが登場しては消えていく。
これからも無限に繰り返されるのでしょう。

もし本当に楽して簡単にやせられる方法があったとしても、「これが決定版だ!」なんて言い切れませんよね。
『○○ダイエット』と名前を変えて、出せば出すだけ売れるんだから。
posted by 七庫屋店主 at 00:00| Comment(0) | サイン本

2016年12月28日

お茶ノ水は隣です

ow_041_hakase.jpg

評 価:【梅】
書 名:『藝人春秋』
著 者:水道橋博士
発 行:文藝春秋
発掘地:神奈川県川崎市
発掘日:2016年12月

『浅ヤン』の正式名称が『浅草橋ヤング用品店』だということを知っている人がどれだけいるだろうか。
知っていたところで何の得にもなりませんがね。

私は水道橋博士というと直ちに『浅ヤン』と反応してしまうのです。
それだけあの番組に出演していた印象が強いです(ドクロの全身タイツみたいな格好で)。

思えば初期の頃はファッション番組だったんですよね。
途中から観なくなってしまったので、モーニング娘。誕生のくだりはよく知りません。

『アド街ック天国』もそうだけど、テレ東の番組って、いつの間にか当初と趣旨が変わってませんか?
それもテレ東らしいといえばらしいけど。
posted by 七庫屋店主 at 00:23| Comment(0) | サイン本