2017年04月27日

連休の予定など何もない

今回はサイン本の紹介はありません。

さて、連休です。GWです。黄金週間です。
世間の皆様は今から浮き足立ってらっしゃるのではないでしょうか。
かく言う私めもカレンダー通り休みをとれる予定なのですが、ちっとも嬉しくありません。
私の収入は働いた日数に比例するので、連休すなわち減収を意味します。
盆も正月もGWも休日の多い月は、いつもネガティブな気分で過ごしているのです。

ま、嘆いていても給料は増えませんからね。
普段通りサイン本探して過ごします。
ただ、いくら在庫増やしても売れなければお金にならないので、売ることにも多少力を入れることにしました。

セールやります。

いつもは夏と冬の年2回ですが、今年はGWセールを開催します。
セールの詳細は七庫屋のサイトで直前に告知します。
ただし、期間は超短期。
突然始まって突然終わります。

このブログを読んでおられる方は運がいい。
乞うご期待。
posted by 七庫屋店主 at 00:34| Comment(0) | サイン本

2017年04月24日

宇宙夫婦

ot_092_yamazaki.jpg

評 価:【竹】
書 名:『夢をつなぐ』
著 者:山崎直子
発 行:角川書店
発掘地:神奈川県川崎市
発掘日:2017年3月

最初にお断りしておきますが、私は『宇宙兄弟』を読んだことがありません。
ホントにぼんやりした知識しか持ち合わせていません。
映画化された際、モジャモジャ頭の方の役を小栗旬さんが演じた、とかその程度です。

以前、山崎直子さんの本をご紹介しましたが、山崎さんの“サイン”をご紹介するのは今回が初めてではないかと思います。
『宇宙兄弟』もですが、山崎さんのこともよく知りませんでした。
しかし、あることがきっかけでちょっと調べてみたら色々わかりました。

山崎直子さんのサイン本を発掘してしばらく経って、今度はご主人である山崎大地さんのサイン本を発掘したのです。
考えてみれば山崎直子さんは既婚者。
結婚して姓が変わって“山崎”になったのですね。
ちなみに旧姓は角野(すみの)さんというのだそうです。

ご主人の大地さんもフライトコントローラー(運用管制官)というお仕事をされていて、ご夫婦揃って宇宙まみれの生活をされていたのですね。
人も羨むような理想の夫婦じゃないですか。

と思ったらすでに離婚されてました(ズッ)←なぜか笑介風

いやぁ、人生うまくいかないもんですね。
ご主人は専業主夫として奥様を支えたようですけど。

考えても詮無いことですけど、もしこれが逆だったらどうだったでしょう。
つまり、ご主人が宇宙飛行士で奥様が運用管制官だったら…
そのほうが丸くおさまるというか、世間は納得しそうです。
建前では男女平等などと言いながら現実はそうじゃないですから。
やはり夫として立つ瀬がなかったのでは。

ot_103_yamazaki.jpg
posted by 七庫屋店主 at 00:28| Comment(0) | サイン本

2017年04月21日

それは神田美土代町にあった

mu_098_saijo.jpg

評 価:【松】
書 名:『あきらめない』
著 者:西城秀樹
発 行:二見書房
発掘地:東京都新宿区
発掘日:2017年4月

ひとりで東京に出かけるようになったのは中学生になってからです。
家が川崎だったので、JR(当時は国鉄)だけで行ける街へよく行きました。
なかでも一番好きだったのが神保町(今と変わりませんわ)。
私の神保町歴はもう40年になります。

神保町の最寄り駅は地下鉄を除くとお茶ノ水か水道橋ですが、私はもっぱら神田駅を利用していました。
川崎からだと神田から先は運賃が高くなってしまうためです。

神田から歩いて神保町方面へ行くには、とりあえず靖国通りに出るのですが、駅から靖国通りへ向う途中に印象深い建物がありました。
周りはいかにも都心のビジネス街といった風情なのですが、その建物は異彩を放っており、素人目にも歴史のあるものだとわかりました。

その建物の壁にはYMCAという看板が付いていましたが、それが何なのかはわかりませんでした。
私はとにかく神保町へ急いでいたので、YMCAという組織にはとくに興味をもつようなことはありませんでした。

それからしばらくして、ヴィレッジ・ピープルの『Y.M.C.A.』がヒットし、それをカバーした西城秀樹さんの『YOUNG MAN』も大ヒットしたことは現在40代後半以上の世代の方ならご存知かと思います。

自身の最大のヒット曲がカバーだったことに西城さんが納得しているかどうかはわかりませんが、西城さんといえば、星条旗の衣裳で『YOUNG MAN』を熱唱している姿が思い浮かぶのです。

この本『あきらめない』は「脳梗塞からの挑戦」というサブタイトルが付いているように西城さんの闘病記でもあります。
現在もリハビリ中であるということですが、完全復活を願ってやみません。
昔も今も私にとって西城さんは憧れの大スターなのですから。
posted by 七庫屋店主 at 01:17| Comment(0) | サイン本