2017年10月16日

アニソン今昔物語

vo_006_horie.jpg

評 価:【松】
書 名:『ミッチの独言倶楽部』
著 者:堀江美都子
発 行:近代映画社
発掘地:不明
発掘日:不明

先日の『アメトーーク』見ました?
「昭和アニソン軍VS平成アニソン軍」
いい企画でした。
もっとも私は平成アニソンまったく知らないのですが。

ま、どちらが好きかは人それぞれですので、とやかく言うつもりはありません。
私が語れるのは昭和のアニソンだけです。

放送で取り上げられた作品では『勇者ライディーン』がよかったですね。
子門真人さんの粘っこいというかこってっりした歌唱。
「これ、これだよ!」と思わず膝を打ちました。
「フェードイン フェードイン」のところの2回目のフェードインなんか、「フェードイイン!!!」ですから。
まるで「フェード委員」もしくは「フェード医院」と言ってるように聞こえます。
平成のアニソンに足りないものがあるとしたら、この“こってり感”かもしれませんね。

堀江美都子さんはアニソンの女王と呼ばれた人で、現在のアイドル声優の先駆け的な人ですね(声優もやってた)。
『キャンディキャンディ』のテーマソングがあまりにも有名ですよね。
水木一郎さんと並んでアニソン界の大御所ですが、意外(失礼)にもお若くて年齢は私と対して変わりません。
『紅三四郎』でデビューした当時、なんと12歳だったそうです。
posted by 七庫屋店主 at 01:39| Comment(0) | アニソン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: