2017年05月04日

ポスターはビーゼンだ

170503-yokoo.jpg

町田市立国際版画美術館で開催されている『横尾忠則 HANGA JUNGLE』を観に行ってきました。
町田へはしょちゅう行ってるくせにノーチェックで、このイベントのことを知ったのはついこの間。
すでに先月の22日から開催されていたのだそうです。

町田にこんな美術館があったとは知りませんでした。
芹ヶ谷公園という緑豊かな公園内にあるのですが、駅からそう遠くないのにとても環境の良い所でした。

イベントの内容については詳しくはふれませんが、版画美術館というくらいですからね、展示品の多くは版画でした。
版画といっても棟方志功みたいな“いかにも”な版画ではないですね。
よくわからないけど、シルクスクリーンとかリトグラフとかアートっぽいやつです。

横尾氏の作品で私がとくに印象に残っているのは『寺内貫太郎一家』のタイトルバックに流れる出演者のイラストです。
今回の展示にはなかったから、あれは版画ではないのですかね。

さて、私が横尾氏の展覧会で楽しみにしているのがポスター。
ミュージアムショップで開催中に買える告知ポスターです。
高いけど、その時にしか買えないので必ず買うようにしています。

ところが、
今回のポスターはサイズがB2だったんですよ。
私、コレクション用のポスターはB全(B1とも言いますが、B全のほうが通っぽいです)でなければならない!という考えなのです。
B2では小さいし、2500円は高いです。

B全サイズというのは身近な例でいうと駅貼りポスターがそうです。
駅で見ても普通に見えますが、家に飾るとかなり大きいです。
場所をとりますが、その分迫力があります。
B2はその半分です。
狭い部屋にはちょうどいいかもしれませんが、インパクト不足感は否めません。

横尾氏の展覧会で販売するポスターは従来B全で5000円というのが相場でした。
半分のサイズで2500円なら理にかなっているのでは?と思ったあなた。
それは認識不足というものです。
B2のインパクトはB全の半分もありません。
B全が5000円ならB2は1000円ぐらいが妥当な線です。
あくまでも私の見解ですが。

まあ、ポスターの件はともかく、素晴らしい展覧会ですので、連休中に出かけてみてはいかがでしょうか。
私は買いませんでしたが、サイン本の販売もしています。
在庫僅少とのことですから、お出かけの前に美術館に確認してみてください。
posted by 七庫屋店主 at 20:19| Comment(0) | 横尾忠則