2017年09月04日

六代目だったのか

kb_015_ainosuke.jpg

評 価:【松】
書 名:『片岡愛之助写真集「愛之助」』
著 者:片岡愛之助
発 行:ぴあ
発掘地:東京都新宿区
発掘日:2017年9月

意外でした。
片岡愛之助さん、六代目だったんですね。
私てっきりこの名前、オリジナルだとばかり思っていました。
六代目ということは現在の愛之助さんの前に5人の愛之助がいたわけで。

私の勝手な思い込みなのですが、歌舞伎役者って團十郎とか仁左衛門とかいった重みのある名前が多いですよね。
愛之助ってなんだか軽い感じがしませんか。
私だけ?
歌舞伎の知識がまるでないものですみません。
もしかしたら由緒ある名前なんですかね。

愛之助さんといえば、例の一件で一躍有名になりましたね。
ま、別にどうでもいいのですが、普通の芸能人なら致命的なスキャンダルでも歌舞伎の世界の人は大目に見てもらえるような風潮があるような気がするんですよね。
でもその辺のことはあまり触れてはいけないようなのでやめときます。
posted by 七庫屋店主 at 00:30| Comment(0) | サイン本

2017年08月30日

セクシーな女優さんは好きですか

gf_330_mana.jpg

評 価:【竹】
書 名:『MANA SAKURA OFFICIAL STYLE BOOK』
著 者:紗倉まな
発 行:サイゾー
発掘地:東京都渋谷区
発掘日:2017年8月

あの天才演歌少女がすっかり大人になってセクシー女優なったんだってね。
そりゃ、さくらまやだよ!←ツッコミ
などと軽くボケをかましつつサイン本をご紹介したいと思います。

もうね、ボケるしかないんです。
まさかとは思いますが、このブログの読者に女性やお子さんもいるかもしれないじゃないですか。
サイン本の著者がセクシー女優だからといってうかつなことは書けません。

ええ、私だって嫌いじゃありませんよ、セクシーな女優さん。
以前はAV女優なんて言ってましたけどね、気がつけばセクシー女優と呼ばれるようになっていました。

しかし、なんですね。
紗倉さんを見てしみじみ感じるのは、もはやアイドルもモデルもセクシー女優も見分けがつきませんね。
私が若かった30年くらい前の時代を思うと隔世の感があります。

小説家デビューも果たした紗倉さんに僭越ながらアドバイスを。
字がお上手だともっぱらの評判ですから、小説のサインは楷書で書かれることをおすすめします。
そのほうが文壇のおじいさん達のウケもいいと思いますよ。
芥川賞ねらえるんじゃない?
posted by 七庫屋店主 at 00:26| Comment(0) | サイン本

2017年08月27日

大阪は遠きにありて思うもの

ow_056_higasino.jpg

評 価:【梅】
書 名:『この間。』
著 者:東野コージ
発 行:ワニブックス
発掘地:東京都世田谷区
発掘日:2017年8月

今やお笑いというものは日常に浸透していて、とくに意識して見たり聞いたりするものではなくなりました。
そして、関東、関西という区別もありません。
東京のテレビでも毎日のように関西の芸人さんの活躍ぶりを見ることができます。

私の少年時代はまだ東京では関西の芸人さんは珍しく、興味津々といった感じで見ていたものです。
『パンチDEデート』とか『プロポーズ大作戦』といった番組にはカルチャーショックすら覚えました。

いつの頃からか成功した関西の芸人さんは東京進出を目指すようになり、東京で人気者になることが“上がり”になってしまったような感があります。
それとともに“関西臭”が薄まってしまったようで、私のようなヘソ曲がりはとても残念に思うのです。

東野さんは東京に出てきてもう長いですが、関西臭が薄まらない芸人さんだと思います。
ご本人が意識してそうしているかは分かりませんが、それでいいと思います。
当然東京で暮らしているのでしょうけど、そんな気がしないんですよ。
仕事がある時だけ大阪からやって来るようなイメージがあります。

この本、不思議なことに名義が東野幸治じゃなくて東野コージなんです。
理由はあとがきに書いてありました。
ふーん、なるほどね。
posted by 七庫屋店主 at 23:40| Comment(0) | サイン本